ネット詐欺

緊急!?【Amazon安全センター】からメール届いたら無視しても大丈夫なの?!

前回、楽天安全センターについての記事を書きました。
今回は、それに類似する内容の案件です。

あわせて読みたい
【楽天安全センター】は安全ではないって本当?大丈夫かな?フィッシング詐欺?経緯 楽天安全センターと言われるところから、ある日、メールが届きました。 今まで、聞いたことのない名称ですが、頭に『楽天』とついてい...

 

楽天があったら、当然、アマゾンもあります。
ないほうがおかしい。

はい、来ましたよ。

Amazon安全センターからのメール

 

Amazonお客様

Amazonに登録いただいたお客様に、Amazonアカウントの情報更新をお届けします。

残念ながら、Amazonのアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウントの情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためAmazonアカウントの情報を確認する必要があります。

下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

という、感じの内容のメールになっています。
上記のとおり、確認を行わないとアカウントの利用制限をするとのことです。

 

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください

 

48時間以上無視してみた

このメールが届いたのは、2020/3/3であったので、すでに24時間以上は経過していますが、自分のAmazonアカウントにはまったく問題ありませんでした。

 

Amazonログインのその先は?

当然ですが、【偽のサイト】になっています。
リンク先のアドレスが、ぜんぜん安心さを感じませんね。
モンスターって・・・

個人情報(パスワード、電話番号、クレジットカード)などの情報を抜き取られないように気をつけましょう。

絶対に、アクセスしてアカウントのチェックを行ってみようとかは思わないように。

Amazon.co.jpの本当のリンク先のアドレスは、こちら。

https://www.amazon.co.jp/

このアドレスの後ろには、Amazonのショップホームページのカテゴリーなどのページ表記が英字の小文字でわかりやすく表記されはしますが、意味不明な数字とアルファベットの表記がされることはAmazonサイトには見受けられない。

ちなみにですが、
この記事のページのURLは
https://yellowbee.xsrv.jp/amazon-anzen-senter/ 
となっています。

https://yellowbee.xsrv.jpの部分がこのブログのURL。それ以降の表記がページのリンクURL。内容が簡単にわかるようにローマ字や英数字で作成しています。

この部分のことをパーマリンクといいますよ(‘ω’)!
もちろんこの部分を適当な英数字に置き換えることもできますし、日本語表記もできるようになっていますが、日本語表記にすると、他のサイトなどにリンクを貼ると文字化けしますし、意味不明な文字列にすると、googleさんがクロールしてくれないかもしれませんし、記事を読むユーザーにとって不適切なものといえるでしょう、っとgoogleさん自体がおっしゃってます。

クロールって何?
って思われた方は、ググってみましょうw

話を戻しまして、

メールの内容的には楽天安全センターの場合とほぼ一緒。悪質なフィッシング詐欺サイトになっているので、Amazon安全センターからメールが届いた場合は、

無視するのが一番です。

 

Amazon安全センターもまた、安全ではありません!

注意喚起という意味合いで記事にしてみました。
Amazon安全センターからメールが届いた場合は慌てずに、しっかり冷静に対処することが大事ですよ(;´Д`)

気をつけましょう。

以前、書いた楽天安全センターの記事はこちら。
ほぼほぼ重複しているので、
Amazon安全センターの記事内容はぶっちゃけ手抜き(。-`ω-)

あわせて読みたい
【楽天安全センター】は安全ではないって本当?大丈夫かな?フィッシング詐欺?経緯 楽天安全センターと言われるところから、ある日、メールが届きました。 今まで、聞いたことのない名称ですが、頭に『楽天』とついてい...

 

成長因子発毛効果