ゲーム

【放置艦隊】リセマラは必須ではない?攻略のための育成とは『まとめ』

✅リセマラで星5の戦艦を手に入れる

✅序盤のゲームの進め方/説明

✅放置艦隊攻略編その1

以上、3点でまとめています。各項目をタップorクリックすることで直接、その項目まで移動します。

また、3番目の攻略編は随時、加筆/修正していきます。

 

はじめに

アプリゲーム【放置艦隊】がリリースされました。
早速、ダウンロードして、プレイしています。
あらかじめ、事前登録をしておきましたので、容易にダウンロードすることができました。

事前登録特典は以下

※1万人突破キャッシュx20000
※5万人突破ゴールドx200
※7万人突破上級調達チケットx2
※10万人突破あたご型(超レア)

事前登録者数は10万人を越えていますので、超レア戦艦あたご型を入手できます。

放置艦隊は名称通り、アプリを閉じても経験値や育成用の素材が入手できるゲームとなっていますので、仕事に学業に忙しい方にはうってつけのゲームとなっていますよ。

昨今のアプリゲームはオート戦闘が主流になっていますが、放置艦隊での艦隊戦もすべてオート戦闘になっているため、プレイヤースキルなどはまったく不要です。敵艦に対してのターゲット設定する必要もありません。

戦艦に対する知識がまったくなくてもプレイは可能ですし、カタカナ横文字はわりと多いので、そのあたりは少しづつ慣れていけばいいと思います。

 

 

放置艦隊ではリセマラは可能?

可能です。
ランク最高は星5(★★★★★)となっています。

放置艦隊でのリセマラの基本手順

方法などはどのゲームでもお馴染みのことなので詳しくは記載しません。簡単な手順だけ記載しました。

✅アプリのインストール/アンインストールで行います
✅名前重複不可
✅チュートリアルスキップ可能
✅チュートリアル終了後、メール確認をしてガチャチケット3枚報酬受取

以上が簡単な手順です。

星5の戦艦がでるまで行うのが、リセマラの目標になります。

ガチャ排出確率は?

星5=2%
星4=25%
星3=73%

狙うのは星5ですが、排出確率は低いです。

しかし、自分は潜水艦おやしお型の星5がリセマラせずに排出されました。
リセマラは可能ですが、チュートリアル終了後すぐに星5が出たので、運にも左右されるとは思いますが、そこまで排出確率は低くないのでは? と感じました。

 

上級調達チケット

ストーリーを進めていくと、上級調達チケットを序盤で何枚か入手できます。
また、上級調達チケット以外でも、無料で課金通貨のゴールドも入手できるため、それらを利用すれば序盤のガチャ回数は多めと言えます。

リセマラで狙うのは星5の戦艦でかまいませんが、星5以下の星4/星3でも、
実はあとから改造工場で星の数をあげることも可能になっているので、
星5の戦艦+星4の戦艦が排出されれば、ゲームを進めてもいいのではないかと個人的には思います。

さらに初心者特典で7日ログインすればガチャに必要な上級調達チケットを合計10枚もらえるので、ある程度で妥協してもいいかもしれません。

 

 

放置艦隊では最大6隻までパーティを組める

スタート直後はパーティの艦数は2隻だけ。
しかし、スタート直後はレベルも上がりやすいのですぐに艦数をあげていくことができます。

出陣枠解放

艦隊レベル1=出陣枠2
艦隊レベル4=出陣枠3
艦隊レベル6=出陣枠4
艦隊レベル10=出陣枠5
艦隊レベル20=出陣枠6

艦数は艦隊レベルをあげることによって増えていきますよ。
指揮官のレベルを20まであげると、最大6隻までパーティを編成することができるようになります。このレベル20まではストーリーをこなしていくとすぐに到達できると思います。
また、ストーリー遂行中でも自動収集【戦利品】は受取可能ですので、それらをあわせれば、数分~数十分でレベル20まで成長できるはずです。

また、パーティ編成は攻撃陣容防守陣容のふたつがあり、自由に戦艦の配置を組み立てることが可能となっています。

 

 

放置艦隊での艦種

「航空母艦」
「駆逐艦」
「護衛艦」
「潜水艦」
「補給艦」

の5種類があります。
補給艦以外には4すくみの強弱があるので、これは気をつけるべき点。

強弱関係

航空母艦>駆逐艦
駆逐艦>護衛艦
護衛艦>潜水艦
潜水艦>航空母艦

とりあえずこの強弱関係が重要になってくるのですが、スタート直後はそんなことは気にせず、それぞれの戦艦のレベルを優先的にどんどんあげていったほうがいいと思われます。

ストーリー進行時、敵艦隊のレベルが30あたりまではごり押しでも十分にクリア可能となっています。

 

前衛/後衛向きの戦艦もあるので、陣容の配置も気をつけたいところ。
前衛はもっともダメージを受けやすいので護衛艦や駆逐艦を配置。
補給艦などは前衛に置くよりも後衛に置こう。
航空母艦は後衛など、適切に配置を考えたほうが戦闘効率がよくなる。

 

 

放置艦隊・攻略編その1

艦隊レベル30以降になると、戦艦の育成が十分でないと苦戦を強いられることになると思います。ストーリー進行は艦隊レベルが条件に満たされていない場合、先に進行することができません。まずは、戦艦の育成をしっかり行うようにしましょう。

基本は戦艦のレベルをあげる

パーティ編成している戦艦のレベルをあげる。これは基本です。上記の画像ですとMAXレベル30までですが、その上限を突破させることが可能となっています。

 

上限が解放されると、MAX45までレベルをあげることが可能になります。

上限レベル45から、さらに上限を解放させることも可能です。

レベルをあげれば、HP/攻撃力/防御力/速度が上昇するので、敵艦隊が強くて先に進めない場合は、まずレベル上げが必須。
ここでレベル上限の解放をさせるために必要なものが『戦艦の設計図』

 

この戦艦の設計図は以後、大量に必要になるので、序盤に何をしたらいいかわからないという場合はこの戦艦の設計図を積極的にまずは集めるようにしましょう。

 

時間経過で入手できる戦利品の中にも戦艦の設計図はあります。アプリを閉じてる場合でも収集できますのでありがたい存在ではありますが、ログインしてる場合でも積極的に戦艦の設計図を入手する方法がいくつかありますよ。

 

戦艦の設計図入手方法

回収センター

日に5回だけ無料で通常調達で星1~星4の戦艦を手に入れることが可能なので、いらない戦艦も必ず出てきます。その場合には回収センターでいらない戦艦を回収させると、

戦艦の設計図
戦艦EXP(経験値)
キャッシュ
服役証書(特殊貨幣/転換ストア星4~5の戦艦と交換可能)

いずれかのアイテムを手に入れることが可能。星の数が多いほど得るものも増えます。

 

戦役演習

演習場にて、戦役演習を行うことができるようになると、戦艦の設計図やキャッシュをドロップする。

挑戦すればするほど敵艦隊は強くなっていきますが、クリア報酬も高くなる。
戦役演習は戦闘に敗北するまで何度も挑むことが可能で、合計5回まで敗北するまで挑戦が可能となっています。ただし、1時間ごとに1回分回復しますので、勝ち続けることができれば延々とプレイも可能だ。

戦艦の強化を行いながら挑戦していくのがおすすめ。

 

戦艦配置によるパーティボーナスとは?

レベルをあげることが基本とは書きましたが、レベルの高い戦艦を適当に配置するだけではもったいない。

最大6隻まで戦艦を配置でき、戦闘はフルオート。
特に自分で操作することはないのが放置艦隊というゲーム。

しかし、その分、配置調整を行うことによって、特殊パーティボーナスの恩恵を受けることが可能になるので、考慮すべき点といえる。

 

以下に主な特殊パーティボーナスを記載しています。

※現在は仕様の変更がされています!

空中優勢同時に航空母艦を5隻出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:HP+15%、クリティカル耐性+15%
軽量艦隊同時に駆逐艦を5隻出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:ATK+15%、貫通+15%
防衛戦略同時に護衛艦を5隻出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:DEF+20%、ダメージ軽減+10%
水中キラー同時に潜水艦を5隻出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:回避+12%、初期エネルギー+50%
雷霆の戦役同時に航空母艦3隻と駆逐艦2隻出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:ATK+12%、ガード+12%
防衛反撃同時に航空母艦3隻と護衛艦2隻を出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:ダメージ軽減+8%、DEF+16%
ゲリラ打撃同時に航空母艦2隻と2潜水艦3隻を出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:クリティカル+12%、ATK+10%
堅船利砲同時に駆逐艦2隻と護衛艦3隻を出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:HP+15%、ガード+10%
火力制圧同時に駆逐艦3隻と潜水艦2隻を出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:貫通+10%、クリティカル+15%
虎視眈々同時に護衛艦2隻と潜水艦3隻3を出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:DEF+16%、回避+8%
ディープブルー戦闘群同時に航空母艦1隻、駆逐艦1隻、護衛艦1隻、潜水艦1隻を出陣させると、全艦隊が受けるボーナス:HP+6%、ATK+6%

戦艦と隻数を指定条件通りに行えば、パーティボーナスの恩恵を得られる。
火力重視、防御重視、クリティカル重視などなど、自分の艦隊に必要な、もしくは不足している部分があれば、配置調整で補うことも可能となっている。

 

以前までは11通りのパーティボーナスのための戦闘配置が必要されていましたが、現在は、仕様変更されており、もっと簡単になっています。

1隻の同種類戦艦ATK+?%、HP+?%
2隻の同種類戦艦ATK+?%、HP+?%
3隻の同種類戦艦ATK+?%、HP+?%
4隻の同種類戦艦ATK+?%、HP+?%
5隻の同種類戦艦ATK+?%、HP+?%
6隻の同種類戦艦ATK+?%、HP+?%
航空母艦+?%ガード
駆逐艦+?%クリティカル
護衛艦+?%DEF
潜水艦+?%回避、+?%エネルギー
補給艦なし

航空母艦/駆逐艦/護衛艦/潜水艦それぞれの戦艦の数を調整するだけなので、とても簡単になりました。同じ艦種を最大6隻まで配置すれば、最大ボーナスがつく仕様。さらに艦種によっても、さらに補正がプラスされるようになっている。

例えば、防御重視なら護衛艦6隻を戦闘配置すれば、よいわけですが、そのかわり潜水艦に対してはダメージが増大するので気をつけるべき点ですね。

また、補正ボーナスは重複するので、攻撃力重視や防御力重視、クリティカル重視など、自由に組み合わせることによって、戦闘配置によるパーティボーナスを受けることが可能となっています。

たとえば、バランスよく戦闘配置するなら航空母艦2隻/駆逐艦2隻/護衛艦2隻にすれば、ガード/クリティカル/DEFそれぞれがプラス補正されます。

ただし、補給艦にはボーナスがつかない点に注意。

 

補正ボーナスを受けながら補給艦を配置する場合

同種艦2隻×2/戦艦1隻/補給艦1隻。
または、同種艦3隻/同種艦2隻/補給艦1隻。
または、同種艦4隻/戦艦1隻/補給艦1隻。
または、同種艦5隻/補給艦1隻。

の4パターンしかありません。

補給艦を必要としない、敵艦を素早く沈める高火力が自パーティにあるのであれば、補給艦を戦闘配置しないほうがよいかもしれませんね。

 

放置艦隊では各戦艦のスキルにも着目すべし

5つの艦種「航空母艦」「駆逐艦」「護衛艦」「潜水艦」「補給艦」には、それぞれスキルが4個づつセットされている。

しかし、初期段階でのスキルは攻撃スキルのみ。ほか3つは、のちのちに開放させていくことになる。攻撃スキルは各戦艦とも1つだけで、ほかの3つのスキルはおもにステータス上昇や補正などの補助スキルとなっている感じだ。

ここでは攻撃スキルの一部を掲載しています。

航空母艦

属性相性:潜水艦に弱く駆逐艦に強い

いずも型高周波パルス戦闘機から順次にミサイルを3枚発射し、敵前列の戦艦1隻を3回攻撃する。1回の攻撃につき、ATK000%のダメージを与える。また、000%の確率でターゲットを武器損壊にして10秒継続。
トクト級波分け順次に対潜ミサイルを2枚発射し、敵後列の2隻の戦艦を3回ずつ攻撃する。1回の攻撃につき、ATK000%のダメージを与える。ターゲットが駆逐艦の場合、与えるダメージは000%上昇する。
ひゅうが型ポテンシャルエネルギー戦闘機からミサイルを2枚発射し、敵後列の2隻の戦艦を3日ずつ攻撃する。1回の攻撃につき、ATK000%のダメージを与える。ターゲットが駆逐艦の場合、与えるダメージは000%上昇し、自身のエネルギーを30点回復する。
001型火力制圧戦闘機からミサイルを2枚発射し、HPの一番低い2隻の敵艦を1回ずつ攻撃する。1回の攻撃につき、ATK000%のダメージを与える。ターゲットが駆逐艦の場合、与えるダメージは000%上昇する。
002型破竹の勢い警戒管制機が2機の戦闘機と連携して上空を通過し、敵全艦にATK000%のダメージを与える。この時自身のHPが000%以下であれば、与えるダメージは000%上昇する。
ニミッツ級禁止エリア戦闘機からミサイルを2枚発射し、敵前列の2隻の戦艦を3回ずつ攻撃する。1回の攻撃につき、ATK000%のダメージを与える。ターゲットが駆逐艦の場合、与えるダメージは000%上昇する。
フォード級戦略制圧警戒管制機が2機の戦闘機と連携して上空を通過し、敵全艦にATK000%のダメージを与える。この時自身のHPが000%以上であれば、与えるダメージは000%上昇する。

 

 

駆逐艦

属性相性:航空母艦に弱く護衛艦に強い

むらさめ型散霧弾順次に対潜ミサイルを2枚発射して、ランダムの敵艦2隻にATK000%のダメージを与える。同時にターゲットの命中率-000%、10秒継続(加算不可)。
あたご型ファランクスミサイルミサイルを発射してガードの一番高い敵艦及びその左右の戦艦にATK000%のダメージを与える。同時に味方全体の次の通常攻撃の間隔は000秒減る。
052C型重巡洋艦キラー次々と敵前列戦艦の一隻に対潜ミサイルを3枚発射し、1回の攻撃につき、ATK000%のダメージを与える。ターゲットが護衛艦の場合、与えるダメージは000%上昇する。
051C型スナイパーシューターDEFの一番低い敵艦2隻に2枚のミサイルを同時に発射し、ATK000%のダメージを与える。同時に相手のDEF-000%、10秒継続(加算不可)。
こんごう型壊滅空間後方からミサイルが飛来して、敵後列にATK000%のダメージを与える。また、000%の確率でターゲットを燃焼状態にする。2秒ごとに自身ATK20%のダメージを受ける。10秒継続。
KDX-1型パルスショット2枚の対艦ミサイルを同時に発射し、HPの一番高い2隻の敵艦にATK000%のダメージを与える。ターゲットが護衛艦の場合、与えるダメージは000%上昇する。
ウダロイ級弱点突破対潜ミサイルを3枚発射し、敵前列にATK000%のダメージを与える。ターゲットが浸水・燃焼・武器損壊状態の場合、ターゲットへのダメージが000%上昇し、その異常状態は000秒延長される。
アーレイ・バーク級I飽和攻撃敵に6回の対潜ミサイル攻撃を仕掛ける。1回の攻撃につき、ランダムの敵1名にATK000%のダメージを与える。
あきづき型海を覆いし者対潜ミサイルを発射して、ランダムの敵艦2隻にATK000%のダメージを与える。また、000%の確率で自身の最大HPを10%回復する。

 

 

護衛艦

属性相性:駆逐艦に弱く潜水艦に強い

22350型フリゲート血魂戦闘機が対潜ミサイルを発射して、敵後列の戦艦にATK000%のダメージを与える。この時自身のHPが000%以下であれば、与えるダメージは000%上昇する。
クリヴァク型捨て身の一撃榴弾が敵海域に落下して爆発し、敵全艦にATK000%のダメージを与え、潜水艦に対するダメージが000%上昇する。同時に自身は衰弱状態に入る。ATK-10%、DEF-10%000秒継続(加算不可)。このスキルは回避不可。
テグ級火力全開順次に対潜ミサイルを3枚発射して、ランダムの敵艦3隻にATK000%のダメージを与える。
ネウストラシムイ級精密破壊戦闘機が対潜ミサイルを発射して、ランダムの敵艦にATK000%のダメージを与える。また、000%の確率でターゲットを武器損壊状態にする。12秒継続。
056型全域火力大量砲弾が敵海域に落下して爆発し、敵全艦にATK000%のダメージを与える。また、000%の確率でターゲットのエネルギーを30点減らし、自身は衰弱状態に入る。ATK-10%、DEF-10%。000秒継続(加算不可)。

 

 

潜水艦

属性相性:護衛艦に弱く航空母艦に強い

おやしお型深海戦略2枚の対潜ミサイルを同時に発射し、HPの一番高い2隻の敵艦にATK000%のダメージを与える。また、000%の確率でターゲットを浸水状態にする。2秒ごとに自身最大HP3.5%のダメージを与える。10継続。
キロ型海底のブラックホール敵前列の戦艦1隻に3回の魚雷攻撃を仕掛ける。1回の攻撃につき、ATK000%のダメージを与え、000%の確率で000%のダメージを与える。
U212型エネルギー誘爆順次に魚雷を2枚発射し、HPの一番低い2隻の敵艦にATK000%のダメージを与える。クリティカルヒットが発生した場合、1回のクリティカルにつき、自身のエネルギーを5点回復する。
ロサンゼルス級猛烈爆破対潜ミサイルを3枚発射して、ランダムの敵艦3隻にATK000%のダメージを与える。また、000%の確率でターゲットを浸水状態にする。2秒ごとに自身最大HP3.5%のダメージを受ける。10秒継続。

 

 

補給艦

属性相性:属性相性なし

サクラメント級エネルギー貯蔵補給HPの一番低い味方戦艦2隻にATK000%のHPを回復する。また、000%の確率でターゲットのエネルギーを30点回復する。
903A型応急補給味方全艦にATK000%のHPを回復する。また、000%の確率でターゲットのDEBUFFをすべて解除する。
チョンジ級性格な補給味方前列の戦艦にATK000%のHPを回復する。自身のHPが000%以下の場合、この回復は必ずクリティカルヒットになる。

 

有利な属性からのダメージは25%上昇します

スタートから序盤まではごり押しでストーリーを進めることはできますが、艦隊レベル30以降からは、各戦艦の有利不利な属性や戦艦配置による陣容、さらには各戦艦の攻撃スキルにも着目していく必要があります。

これらのスキルはオートで発動するため、ターゲットを指定することはできませんが、攻撃するスキルがどのような特性をもっているかでも、艦隊のパーティをいれかえたり、配置を変えることで、戦略がかわってきます。

敵艦隊の陣容で、後衛を真っ先に沈めたい場合などは、スキルの効果を見て、戦艦をかえるなどの方法をとることができますよね。

自身のパーティに敵前列しか攻撃対象としない戦艦がいては、それも不可能です。

 

おわりに

また、更新します!

 

成長因子発毛効果