SPOT

ロードバイクで梶ヶ森ヒルクライムはきついの?距離と斜度は?

高知県大豊町にある梶ヶ森へロードバイクで

梶ヶ森は高知県大豊町にある、標高約1400mの山である。
山頂までは高知市から車で約1時間30分。
距離はおよそ60km。


~本日も自転車日和~(・ω・。)

ロードバイクのため、地道に国道を走る。
一本道なので迷うこともなく、道路も綺麗なので、
走りやすい道といえる。

途中、根曳峠を越えなければならないが、がんばろう。
車やトラックの往来は多いので気をつけるべし。

 

梶ヶ森までの距離は約12km

ラフティングができる豊永という地区まで来れば、
梶ヶ森ヒルクライムのスタート地点はすぐそこ。
看板からの距離数は15kmとなっていますが、実際のヒルクライムスタート地点はもう少し先。

~本日も自転車日和~(・ω・。)

もちろん。この場所からスタートとしてもいいが、

~本日も自転車日和~(・ω・。)

途中、閑静すぎる住宅地を抜けることになるのでやめておいたほうが無難であろう。

~本日も自転車日和~(・ω・。)

この木の看板が見えたら、右折です!右折。
ロードバイクで梶ヶ森ヒルクライムするなら、のんびりのぼる場合やタイムアタックするにしても、この看板を越えてからがおすすめ。

 

~本日も自転車日和~(・ω・。)

このあたりは自然豊かな静かな場所。
人も車も、あまり見かけないと思います。

~本日も自転車日和~(・ω・。)

近くに激坂の香りがする坂道があるので遊んでみてもいいだろう。

 

~本日も自転車日和~(・ω・。)

道になりに進むと、右側にやや細めの1本道が現れる。
439号線。

青看板が目印。
左に行くと京柱峠。こちらもロードバイクでヒルクライムするにはおすすめの峠だが、今回は梶ヶ森の内容なので、迷わないように右へ。

 

梶ヶ森ヒルクライム

参考データ

距離11.69km
平均勾配9%
最低高度294m-最高高度1377m
高度差1083m

ルートはこんな感じ

~本日も自転車日和~(・ω・。)

決して広くはありません。
滅多に対向車は来ませんが、山頂には山荘梶ヶ森や展望台、キャンプ場があるので、この道路を利用する方もいるので、車には気をつけましょう。

~本日も自転車日和~(・ω・。)

夏の時期ですと台風の影響で枝や石が散乱している場合もあり。
冬は凍結します。雪降ります。すっごい寒いです。

梶ヶ森は、冬にロードバイクでのぼるのはちょっと危険ですね。

~本日も自転車日和~(・ω・。)

自然豊かな山道です。

~本日も自転車日和~(・ω・。)

たぬきと一緒にヒルクライムする場合もあるでしょう。

~本日も自転車日和~(・ω・。)

追いかけましたが、たぬきのほうが自分より速かったです。

 

~本日も自転車日和~(・ω・。)

道中には龍王の滝あり

龍王の滝は日本の滝100選にも選ばれている立派な滝。
土佐の名水40選にも選ばれているようだ。

この日は行かなかったけれど。
喉が渇いたら、飲めるのかな。
冬には滝が凍結してしまうようです。
興味ある方は一度、行ってみるといいですね。

自分はムリかな。
寒いの苦手。

 

梶ヶ森の平均勾配は9%

でもそれはあくまでも平均なので、
勾配がきついところは15%以上のところもある。

~本日も自転車日和~(・ω・。)

歯をくいしばろう。
距離も12km近くあるので、ペースはしっかり保ちたい。
間違えると、自分のように龍王の滝から失速するのだ。

 

山頂付近になるとまわりが開けるが・・・

~本日も自転車日和~(・ω・。)

ロードバイクでヒルクライムする場合、ゴールは山荘梶ヶ森ではなく、
もう少し先だ。右手に山荘が見えても、ペダルは止めないでおこう。

心が折れそうになるポイントかもしれないが、がんばろう。

~本日も自転車日和~(・ω・。)

 

 

 

 

まだ先だ。

 

~本日も自転車日和~(・ω・。)

まだまだ。

 

~本日も自転車日和~(・ω・。)

もぉちょっと。。。

 

~本日も自転車日和~(・ω・。)

 

梶ヶ森山頂

~本日も自転車日和~(・ω・。)

高知県でロードバイクで走れる長い距離の山は以外に少ない。
山に囲まれている高知とはいえ、標高1000m越えは数えるくらい。

梶ヶ森はその中でも、ヒルクライムすることにおいては、
きつい部類にはいる。

もちろん、これは個人的な見解。
なんともない方もいるでしょう。

 

景色は天気がよければ最高

~本日も自転車日和~(・ω・。)

この日は、あいにくの天気模様だったが。
雨が降らなかっただけ、ヨシ。

頂上近辺は、寒い場合が多いので防寒装備も念のため。

 

梶ヶ森山頂からのダウンヒル!

~本日も自転車日和~(・ω・。) ~本日も自転車日和~(・ω・。)

来た道を戻るだけ。
長い下りなので、

~本日も自転車日和~(・ω・。)

ブレーキしすぎで、手がしびれることもあるでしょう。
腕もパンパンになることも。。。

 

~本日も自転車日和~(・ω・。)

何度か停止を繰り返しながら、くだります。
カーボンホイールのブレーキングには気をつけよう。

筋肉痛になるレベル。疲れます。

 

八畝の乳イチョウ

~本日も自転車日和~(・ω・。)

道中にある樹。
なんとなく、普通の樹ではない雰囲気。
近くを通るだけで、そぉ、感じることでしょう。

~本日も自転車日和~(・ω・。) ~本日も自転車日和~(・ω・。)

樹齢500歳越え

立派ですね。

 

おわりに

ヒルクライムを開始すると、途中で補給する場所はありません。
自販機もないので、ドリンクや補給は事前にしっかり準備。

山荘梶ヶ森まで行けば、ごはんが食べれますよ。
季節や時期によっては、道路が荒れている場合もあるので、
ヒルクライム・ダウンヒルの際には、十分に気をつけよう。

 

酒とグルメと自転車をこよなく愛するyellowbeeの
インスタグラムはこちら➡

気軽にフォローしてね(*‘∀‘)b

torako
torako
自転車が3番目に表記? 解せぬ・・・

 

梶ヶ森公式サイトは➡こちら(*‘∀‘)♪

成長因子発毛効果