ロードバイクの疑問

ロードバイク用サイクルウェア【冬】の着方と選び方とは?

QUERYコーナー

個人的に思うことや経験をもとに記載しています。勘違いや間違いもあるかとは思いますが、あくまでも個人的な意見なので参考程度にとどめ置いてください。

 

冬にロードバイクに乗る上での重要な服装とは?

 

はじめに

サイクリストには必須のサイクルジャージ。

夏は暑いし、冬は寒い。
まだサイクルジャージを着るのには抵抗がある。しかし、通常の服装では、長時間のサイクリングを行うのは難しいでしょう。

夏の季節と寒い季節ではどのようなもの違いがあるの?

冬の季節に応じた最適な服装を考えてみます。

サイクルジャージとは?

まず、はじめに、サイクルジャージのことについて。

最近では、サイクリストを見かけることは多いと思います。
彼ら、彼女たちが着用しているものはサイクルジャージといい、身体にフィットする見た目になっています。ダサいと思われる方も少なからずいるとは思いますが、サイクルジャージにはロードバイクで走る上に必要な機能が備わっています。

夏用ですと、薄めの素材になってたり、メッシュ素材になっていたりします。速乾性に優れていて、サイクルジャージのまま、川や水中に飛び込んでも、すぐに乾きます。

冬用は、逆に生地が厚めになっています。防寒・防風素材となっており、冬のサイクリングの必需品です。

実際に着用して走ってみると、その走りやすさに感動するはずです。

 

サイクルジャージの機能

ロードバイクで走るうえに重要な機能!

空気抵抗を軽減させる機能

ロードバイクに限らず、自転車はとの戦い。
風の抵抗を一番大きくしているもの、それは、乗っている人間、そのものであるため、
少しでも空気抵抗を減らさないといけません。

サイクルジャージは、この身体にかかる空気抵抗を軽減させることができます。
服の裾がバタバタしているだけでも、空気抵抗になり、その蓄積された抵抗は、やがて脚へのダメージとなって返ってきます。

サイクルジャージのメリットはそれだけではなく、快適性も重要な要素となります。

夏場などでは、汗を大量にかきますよね。
走行中は風をきって走っているので、以外に汗は流れないものですが、
ひとたび、信号などで停止すると、ドバっと汗がでることもシバシバ。

通常の衣服では、汗はなかなか乾きませんが、
その点、サイクルジャージは、吸汗・速乾性に優れています。

また不意の雨などでも、この速乾性の機能の恩恵を受けることができます。
走る環境によっては体温低下などになりますので、気をつけなければなりません。

また背中のうしろに3つのポケットがありますので、
ここに携帯電話やサイフなど、小物類も収納することが可能です。

サイクルジャージのデメリット

ロードバイクで走る上でのデメリットはあまり感じません。
中にはサイクルジャージでコンビニに入るのが恥ずかしいと思うこともあるかもしれませんが、今や、ロードバイクでサイクリングは一般的。

同じ自転車仲間は大勢います。
初心者であればあるほど、はじめのうちからサイクルジャージを着用することをおすすめします。

気にしているのは自分だけ。

銭湯に行ったときに、まわりの方、みな裸で、ひとりだけタオル巻いていったら、どぉ思われるでしょう。むしろ、注目を浴びますよね。

人はそれほど他人に興味を抱かないので、恥ずかしがることはありません。自分が思っている以上に、まわりはクールなものです。

それに今や、画像を見てわかるとおり、サイクルジャージを着ている方は大勢います。
サイクルジャージの認知も広がっており、一目見ただけで、サイクリストと認識されることでしょう。

 

派手なデザインは目立つなので安全

他者やドライバーに早く見つけられるためにも、派手なほうが、安全性が高いです。サイクルジャージはカラフルなものが多く、デザインも凝ったものが多くあります。

サイクルジャージには、車やバイクのライトなどに反射する素材が使われているものも多くあります。夜間走ることが多い方には、重要な要素となります。

近年では、自転車による事故やトラブルも多発しているため、
自分で回避できる可能な方法を模索する必要性が求められています。

 

冬用ウエアの選び方

冬用のサイクルジャージを選ぶ基準は
保温 吸湿発熱性に優れた物を選ぶこと。
また、外気温〇℃~〇℃対応という記載も重要です。
裏起毛なのがいいのですが、防風素材になっていなければ風が冷たいと寒く感じてしまうこともあるでしょう。
防風素材であるかどうかも気にしましょう。

ある程度の気温ならば、サイクルジャージの下に着用するインナーを着れば、対応できます。また防風素材でない場合は、ウィンドブレーカーを羽織れば対処も可能。

インナーはとても重要

サイクルジャージとあわせて、着用します。
外気温に応じて、着こなすようにするといいでしょう。
防風性のよいジャージだと、良くも悪くも中に風が入ってこなくなり、
逆に汗をかきやすくなるので、透湿性は重要になってきます。
冬など寒い時期に汗をかくと、汗で身体が冷えてくるので、逆効果。

選ぶインナーも汗冷えしない物を選ぶ必要があります。

対応温度15℃
保温・吸汗速乾
汗をかいてもすぐ乾く素材となっている。
生地としては軽く薄い素材なので不安に思うこともあるかもしれないが、
これを着るのと着ないのとでは雲泥の差。

対応温度5℃
吸湿発熱
こちらは真冬でも対応できる対応温度。
軽い素材で、しっかり保温するタイプ。外気温が氷点下の場合であっても、上に裏起毛のサイクルジャージやウインドブレーカーを羽織れば問題ありません。

 

冬のサイクルジャージの着こなしとは

サイクルジャージというものは、ただたんに、
何枚も重ね着をすればいいってものではありません。

動かない状態であれば当然、寒さを感じるものですが、ひとたびロードバイクにまたがり走りはじめたら、だんだんと暑くなってきます。

重ね着をしすぎると、汗をかき、それが汗冷えの原因となります。

 

気温で着こなす

風が冷たい場合や、
乗り出し始めで身体がまだ温まっていない場合など、
早朝時には、ウィンドブレーカーを着用します。

 

上記のようなウィンドブレーカーはひじょうに軽量で、
コンパクトに折りたためます。

ジャージの背中のポケットなどにも楽々、収納可能。

冬場でも、サイクリングを行うと暑くなることもあるので、その際、すぐに着脱できるウィンドブレーカーは重宝します。

また、冬場は風が強いことが考えられます。
ウィンドブレーカーを選ぶ最も、風でバタバタしないものを選びましょう。
風は抵抗になり、走りにくくなるためです。

 

おわりに

今回は、冬の季節に応じた最適な服装をしようという
内容となりましたが、防寒対策はサイクルパンツも行う必要があります。

シューズカバーやグローブなど、
寒い時期のサイクリングを楽しむためには、
ほかにも色々と準備を行う必要がありますよ。

yellowbee
yellowbee
寒いの苦手でした。。。
管理者DELETE
管理者DELETE
アラ? サドルニホコリガタマッテマセンカ?
yellowbee
yellowbee
アァ、なんかおなか痛い
成長因子発毛効果